いつもは

結婚式をされる新郎新婦の主役目線の投稿が多いですが

今回はゲストの立場でご覧ください

結婚式でまず最初に欠かせないのがです

これが届かないということは今回は

御呼ばれされないということだと気を落とさないでくださいね

ご予算やその場の雰囲気を考えて

わざとそうしたのかもしれません

多くの場合招待は披露宴のことを指し

挙式はご自由にご覧いただけることが多いです

でもそれを

新郎新婦お二人に確認するのは中々ハードルがたかいです

招待状を送る方も

そのあたりを配慮して

ご案内文を作成されると良いかもしれませんね

~招待状がとどいたら~

1.黒のペンを使いましょう

少しブルーがかった色味よりもブラックがベターです

2.表面は、宛名の「行」を二本線で消し、「様」に書き直しましょう

相手方に返信するときには敬いお出ししましょう

3.御芳名の「御芳」と、御住所の「御」を、二本線で消しましょう

出席の場合は、御出席の「御」と、「ご欠席」を二本線で消して、出席を○で囲みます

お祝いの言葉を一言添えるとより良いですね

注意:文書には終止符をうたない

~お祝い金は?~

目安「披露宴の料理分の金額 + お祝いの気持ち」とされています

割り切れる偶数は 結婚式では避けられていますが

最近では2万円でも「2=ペア」という意味でされる方もいらっしゃいます


~結婚式や披露宴での受付の時の作法~
結婚のお祝いに使うのは祝儀袋は「結びきり」

また結びなおすことができる「蝶結び」はNGです

式場についたら、はじめに必ず受付に行きます。「この度は、おめでとうございます」とあいさつして、ご祝儀袋を渡します。ご祝儀袋には、中央の下に、濃い墨で、楷書体で名前を書きます。渡したら、住所と名前を記帳します。
もし、お祝いを式より前に贈っている場合は、「この度は、おめでとうございます。お祝いは前もってご両家にお渡ししてあります」と言って、必ず記帳しましょう。

~服装のマナー~

できれば守っていただきたいことは
花嫁衣裳を引き立たせるために「白っぽい服装は避ける」
神前であれば「教会や神社で行われる式に参列する場合は肌の露出を避ける」
「爬虫類の皮のバッグは、殺生を連想させるので他の物にしましょう」

衣装についての「決まり事」は、時代と共に変わってきています
昔はダメだとされていた「サンダルに素足の方」も今はいらっしゃいます

「出席していただいた方たちにも楽しんでもらおう」という、新郎新婦が増えているので、あまりアレはダメ これはダメというのは なくなってきています

♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥

式場紹介・結婚式(挙式・披露宴)のプランニング

フォトウェディング・お披露目会・1.5次会のお手伝いをしております

段取り・顔合せ・結納・衣裳等のご相談も承ります

★ブライダルインフォメーション リトルハート★

920-0853 石川県金沢市本町2丁目18番31号

定休日:月曜日・他不定休

受付時間:10:00~18:30  完全予約制

ご予約・お問い合わせは ℡:076-229-7744まで

リトルハートのホームページ

金澤神社婚のホームページ

♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

カレンダー

2019 年 6 月
« 5 月   7 月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

検索

アーカイブ

ページ